スポンサーリンク

シニア女性一人暮らし☆生活を支えてくれた仕事を辞めたそのあとは?

シニアで一人暮らし

退職直前にパワハラを受けてすぐに気持ちを切り替えた

残念な事に、あと1か月残す所で上司達に呼び出されて、パワハラを受けた。😭

信じられないような話の内容で、詳しく書けば施設が特定に繋がるかも知れないので、省略させて頂きます🙏

施設としては、やってはいけないような、そんな重大な事です。

楽しい思い出を胸に、さっそうと退ける、と思っていたのに、夢を壊されて、おまけに人間不信になり、踏んだり蹴ったりでした。

そういう経験をしたこともあり、退職後のお一人様生活は、より楽しく余裕を持った生活にしたい、と強く思いました。

病は気から・・・経験者ですから💦

腹を立てても何も解決しないし、何もプラスにならない!

一時の怒りが過ぎたら、切り替えて気分転換するのが大事だと思った。

 

 

これからのこと

私のように一人暮らしをしている人は、孤独感や不安感を感じることがあるようですが、私はまだ仕事を辞めたばかり。

そして元々、この地域に知り合いや友人が少ないこともあり、一人で何か自由にやることが、一番心が落ち着くのです。

自分自身で家事や生活全般を行うため、健康状態に常に、気を配り、自己管理が必要。

退職後は、そういうこともあり、体のメンテナンスを行うことにした

何年も行っていない歯医者、頭痛や耳の痛みで、耳鼻科へ、そして不眠気味なので、いつも行っているクリニックへ行き、大体の心配事は無くなりました。

歯科については、定期的に通院して歯石などを取ってもらうように、段取りした。

フリーとしての一人暮らし、少々不安ですが、少額の年金もあるので、それに蓄えをちょい足しして、ギリギリの生活になりますが、何とかなるのでは? と考えています。

 

退職後、年金や保険の手続きについては、退職前に確認しておき、人事担当者になるべく早く書類を送るように、個別にお願いしていました。

国民健康保険の資格喪失届や、ハローワークに行くための離職票など、退職後5日目に送ってもらい、事前に

お願いしていた結果、早く受け取る事ができたのです。

手続きは、何でも早目に情報収集をして、事が早く運ぶように段取りするのが、必須。

雇用保険については、65歳以上は一時金として受け取ることができ、年金と同時に受け取ることも出来るそうです。

なので、一時金をもらったとしても、年金がストップすることはありません

私は申請書と必要書類を持って、地域のハローワークへ行き、手続きを済ませた。

認定日は、約2か月後になり、それまでに求人登録をするように言われました。

悲しいかな・・登録して年齢を入力して希望職を検索→ その結果 ゼロ💦

何度も検索をぽちっとしたけど、同じ😱💢

 

税金は魔物!

退職前から、1年間の住民税、介護保険料は大体わかっていたので、予算として準備することは出来た。

問題は、国民健康保険です。

役所へ行った時に、減免して欲しいと言うと、毎年6月に保険料がわかるので、郵送されたら、それを持って役所まで来て減免申請をして下さい、とのこと。

しかも減免申請の期間は6月1日~30日までの1か月間のみで、それ以降は受け付けないそうで、そういう情報を知らない人は、減免の機会を失うのです。

税金関係は、特に情報収集は欠かせませんね。

予想としては、企業半分、本人半分でしたから、今までの支払い額の2倍の保険料が請求されると予想します。

怖いですね、前年の収入に対してなので、今現在を優先して欲しい!

そのための減免措置ですが、思うように減免出来ればいいのですが、これからの生活がかかっているので、心配でたまらないです。

ロリポップ!

 

退職後は、今まで出来なかった事を実現させる

長い間、シフト制で働いていると、長期休暇が取れず、しかもギリギリの人数で回していたので、3日連続も難しいのが現実でした😥

コロナ感染が始まり、特にこの辞める1年間は、常にクラスターが施設のフロアで起き、死にそうな位、体を酷使しました。

残業残業、早出の更に早朝出勤、もちろん食事の時間もあまり取れず、地獄でしたね!

そういうこともあり、辞めたら、これをしたい、あそこに行きたい、とか願望が山ほどできて、辞める楽しみも出来ました。

私は退職して、まだ半月位しか経っていませんが、旅行へ2回行き、長い間の願望を果たしました。

退職直後に実行しないと、実現は難しいですね!

時間が経つと、費用とかも心配になってくるから、躊躇してくるかも知れません。

一区切りをつけることで、次のステップへ進みやすくなると思います。

 

🌈私は、ずっと夢だった沖縄旅行へ行ってきました😊

沖縄は、日本の南端に位置し、美しい海と自然が豊かな場所、シニアの方にも、ゆったりとした時間を過ごしていただける場所です。
歴史的な建造物や文化財が多く残っており、歴史好きな方にもおすすめです。
また、美味しい食べ物がたくさんあり、特に、沖縄そばやゴーヤチャンプルーは、沖縄の代表的な料理です。

↓シニアの沖縄旅行は、移動に時間をかけず、設備の良いホテルで充実した時を送るのがおススメです!↓

楽天トラベル: ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 宿泊予約
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート、サンゴ礁に囲まれ最高の透明度と美しさを誇る 贅沢ビーチリゾートで、那覇空港よりお車で約80分。沖縄自動車道利用(屋嘉インター)で約50分。、駐車場:有り 620台 (1泊1台につき:セルフパーキング 750円

 

まとめ

📌在職中に受けたパワハラなど、納得いくまで怒り、腹を立て、気が済んだたら気持ちを切り替えて次へ進む。

📌退職後の体調管理、保険などの手続きに関して、事前に情報収集を行い、決められた期間内に手続きを行う。

📌退職前からある程度の出費がわかれば、事前にその予算を準備しておく。

📌退職したらやりたい事を、早目に実現して、次のステップに進みやすくしておく。

最後まで、読んで頂きまして、ありがとうございました。

 

↓良かったらポチっとお願いします(❁´◡`❁)

にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代一人暮らしへ
にほんブログ村


別居(結婚生活)ランキング

 

コメント