スポンサーリンク

別居シニア妻の一人暮らしは地震速報が来るたびに人生終わりだと思う

シニアで一人暮らし

シニア一人暮らしは地震速報で「今までありがとう」と呟いてしまう

頻繁に起きる地震、しかも全国まんべんなく起きている。😨

私は、働いていると言っても、もう70歳から数えた方が早い位の年齢になって、どうやって避難したらいいのだろう、と不安に思う。

キッチンマットのわずかな厚みに、つまづき転びそうになる・・・悲しい、これが老いなのか?😢

地震速報の時に、ふとよぎる別居夫のこと。

大丈夫か?と言う思いより、家は壊れていないか?とか、人間様の心配ではなく、家の方の心配をしている。

こんな私は、悪魔でしょうか?😨

結婚した頃は、こんな私ではなかったはず・・・

こんなモラハラ生活を30年以上送っていたんですから、無理はないですよね!😓

妻を大切にしない夫は・・・老後が怖い👿 ・・・そういうことです。

 

別居して10年になれば、一緒に生活しているとき程、憎しみや恨みは、かなり弱くなってきています。🙄

辛い記憶も段々と薄れてきて、楽しかったことが、時々思い出されるようになっている。

私も、とうとう仏様のようになってきて・・・全て水に流すなどは出来ないが、ある程度は許そう、と思い始めている。😔

大地震が起きて、私の存在がこの世から無くなる時、無意識に家族に対して「今までありがとう」と呟くだろう。

でも、別居夫への言葉は、「ありがとう」ではなく、きっと「お元気で」と言うだろう。

距離感を感じる言葉ですね!😔

 

シニア一人暮らしは仕事を続けることが生きることに繋がる

地震で大きな被害を受けても、何としてもケガをしないようにしたいもの。

少しのケガでも、介護の仕事は務まりません。😔

一日中、施設を走り回って、時には大きな男性を支えたり、で体力勝負です。

一人暮らしは、基本になるのは仕事をして得る収入なので、一人で生活できる自信は、毎日の生活に大きく影響します。

一人で働いて、稼いで、家賃も払えて十分に生活できている自信が、不安を減らし、夢や希望を生むのです。

部屋の中を見てみましょう! 危険はないですか?

 

私は棚の上に出来るだけ飾り物は置かないようにしています。

地震の時に、物が飛んでこないようにしたり、高い所に割れるような物を置かない、とか、防災対応しています。

私の一人暮らしの場合、揺れた時にすることは、まずマンションのドアを少し開けておきます

過去の体験談で、ドアが歪んで開かなくなった、と聞いたことがあるからです。😟

用心しすぎかも知れませんが、風呂に水を張ったり、空のペットボトルに水を詰めたり、後になって無駄と思えることでも、揺れたらすぐに実行します。

自分を守れるのは自分だけです。😓

 

まとめ

地震が続いて、全国民きっと不安だらけでしょう。

別居10年を迎え、もし大災害がやってきた時に、別居夫に向ける言葉も、年々変化して行ってます。

まさかの展開ですが、老化に伴い、記憶力や認識低下で、私の余生が楽に過ごせるように、なってきているのだと思っています。😇

いつまでも恨みや憎しみを持って生きることは、苦痛で辛いです。😢

老いのお陰で記憶が段々と薄れてきて、思いも変化してきてます。

今の私は、このココロの変化を身をもって体験しているのです。

シニアになっても、老いて行くことは、初めての体験なのですよ!

 

↓良かったらポチっとお願いします(❁´◡`❁)

にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代一人暮らしへ
にほんブログ村


別居(結婚生活)ランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました